そーのTOMITAKEフラッシュ!ぶろぐ

ニコニコ動画でゲーム実況しているそー&TOMITAKEのブログです。更新状況・動画の紹介とかしてます。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラストストーリーとキャサリン

やっほい、そーです`・ω・)ノ


コーリングは今夜か明日最新パートをうpする予定であります!∠( `・ω・)/


さて、最近手を出した実況用とは別の個人的にプレイしたラストストーリーとキャサリンについて書いてみる


まずラストストーリー


-----------------------------------------------------


ラストストーリー





ls24


『ラストストーリー』(THE LAST STORY[1]) は、任天堂より2011年1月27日に発売されたWii用のコンピュータRPGである。略称は『LS』『ラススト』など。
坂口博信を代表とするゲーム製作スタジオミストウォーカーが製作、システム部の開発をAQインタラクティブが行う。

ミストウォーカー製作での任天堂発売タイトルは『ASH -ARCHAIC SEALED HEAT-』に続き2作目で、今作においてディレクターを務める坂口は『ファイナルファンタジーV』以来18年1ヶ月振りにRPG作品のディレクターを担当する事となる]。

開発は既存のRPGのシステムから逸脱し、新たなRPGの形を求めて一からの挑戦を行いたいと言う坂口の意志の下、約1年に渡るシステム構想や9ヶ月間もの長期に渡るデバッグを含め、完成まで3年半の年月を費やしたと、任天堂のウェブページおよび本作のプレゼンテーションにてメインスタッフは語っている。
wikipediaより
-----------------------------------------------------


ギャザリングの使用例CMとかも流れてて笑いましたw


Wiiでは珍しい王道RPGですね

やり込み要素やオンラインがもっと充実していればなおよかったのですがねー

周回で強くて最初からできるのですが内容が変わらない上にオンラインも対戦と討伐がありますが特に魅力的な点が見受けられなかったです(※オンでしか手に入らない武器やアイテムはあります)


良かったのは戦闘とBGMですかねー

ストーリーは王道だけに先が読めちゃったりするのは残念

主人公と仲間たちは傭兵というポジションなのが自分好みでしたね








とりあえず













マナミアかわいいよマナミア






・・・








やることがなくなったので早いうちに売り払って、その4000円を元本にキャサリンを買ったんですけど





ではキャサリン

-----------------------------------------------------


キャサリン







『キャサリン』 (CATHERINE) は、アトラスより2011年2月17日に発売されたプレイステーション3、Xbox 360用のゲームソフト。ジャンルはアクションアドベンチャー。

『ペルソナシリーズ』開発チームによる、ホラー・アダルトテイストのアクションアドベンチャーゲーム。

プロデューサー兼ゲームディレクターは橋野桂、アートディレクションは副島成記、作曲は目黒将司と『ペルソナ3』、『ペルソナ4』の開発チームが製作している。アニメーションパートはSTUDIO 4℃が製作。オープニングムービーのBGMはL-VOKALの『Yo』が採用されている。

32歳の冴えないサラリーマン・ヴィンセントは、5年来の恋人・キャサリン(Katherine)との関係に頭を悩ませていた。結婚願望があることを仄めかすキャサリンに対し、今はまだ気楽な独身生活を楽しみたいヴィンセントは、彼女に答えを出せず途方に暮れる。その最中、行きつけのバーで謎の美女・キャサリン(Catherine)と出会ったヴィンセントは、彼女に誘われるまま肉体関係を持ってしまう。「酒の勢いとはいえ浮気をしてしまった」と焦るヴィンセントだったが、それ以来ヴィンセントは最近町で噂されている奇妙な悪夢にうなされる日々を送ることとなる。

「落ちる夢を見たとき、すぐに目を覚まさないとそのまま死ぬ」

夢を見るのは若い男性だけであり、それを裏付けるかのように次々と寝たままの状態で発見される男たちの死体。悪夢の正体は、浮気癖のある男を恨んだ魔女の呪いだとも噂されるが…。

悪夢と現実を行き来する。アドベンチャーパートの現実世界と、アクションパートの悪夢の中に分かれている。アドベンチャーパートではバーでの仲間や恋人との会話が行われる。このときの行動によって、その後のゲーム展開が変化することもある。

悪夢のアクションパートでは謎の怪物が出現する中、ひたすら階段を上って行く。階段は普通に用意されていることもあれば、自分で「箱」を押したり引っ張ったりしないと上の段に上れないこともあるため、アクションゲームだけでなくパズルゲーム的な要素も含まれている。ステージ最上段にある「扉」に到達することができればゴールとなるが、足場から落下したり怪物の攻撃を受けたりしてしまうと、死=ゲームオーバーとなる。

wikipediaより
-----------------------------------------------------

アダルト×ホラー×パズルゲーという異色コンボ

ストーリーがめっちゃ面白い!続きが気になりっぱ

ホラーというか恐さ的には追い詰められるのが苦手な人にはトラウマかもw

そして何と言ってもアクションのパズルゲーム

基本的には足場を作って登っていくだけですが奥行きやらなんやら考えるとなかなか難しい

一応Nomalモードでプレイしてますがeasyでも難しいという声が多いらしく、
公式がveryeasyモードの配布と攻略を載せるとかって話になっています

これがゆとり仕様なのか・・・

でもパズルゲーム苦手な人はキツい難易度

自分も何度詰みかけたことか・・・

キャサリンは現在最終ステージ9の最終層

ラスボスのいるとこでせっせと登ってますが・・・









やっぱり詰んだ/(^o^)\





ちなみにKキャサリンのルートでやってます

たぶんKキャサリントゥルーエンドになるのかな?クリアしたら

ムービーも綺麗だし、観てる間はパズルやらなくていいんだ~という安心感はありますが、内容は修羅場ばかりなので精神的にはやっぱり心休まりませんwww

ということで最近のゲーム事情でしたヾ(。・ω・)ノ


まったのんノシ







スポンサーサイト

| そー | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。